本文に移動

現在位置:

用具の購入

用具購入の補助金について

当館では、目が見えない・見えにくい方の生活をより快適に過ごしていただくために必要な機器・用具である「補装具」や「日常生活用具」の斡旋販売を行っております。

「補装具」や「日常生活用具」は、全額自己負担で購入しなくても、市区町村の障害福祉課等を通じて給付申請することで、商品の1割負担程度の自己負担(世帯収入によります)で購入が可能になります。

当館では、帯広市以外にお住まいの方も、用具のカタログなど、情報提供をしています。

■給付申請に関する諸注意

給付制度は各市区町村によって、申請条件(身障手帳保持者等)、給付基準額(市区町村負担金)、申請可能商品などが異なる場合がございます。

申請に係る詳しいお問い合わせは、最寄りの市区町村役場、又は福祉事務所へお問い合わせ下さい。

■帯広市にお住まいの方へ

当館は、申請手続きの代行(申請書類の代読・代筆等)も承っておりますので、まずはご相談ください。

給付基準額を超えた商品、自己負担が発生した商品に関しては、原則として申請者の自己負担となります。

その他、商品の取り寄せには配送手数料(送料・手数料など)が発生いたします。

給付申請から商品受取りまで(帯広市の場合)

1.帯広市へ商品の見積書(当館にて用意します)と給付申請書類を提出します。

2.帯広市にて、給付の決定。決定通知書及び給付券が自宅に届きます。

3.当館にも給付決定のお知らせが届くので、届き次第、商品をお取り寄せいたします。

4.商品が当館へ届き次第、お電話にてご連絡させていただきます。商品によっては、1週間程度お待ちいただく場合がございます。

5.給付券に氏名の記入・押印の上、自己負担金(負担金がある場合のみ)ご持参の上、当館へ商品を取りに来ていただきます。※給付券への記名、押印は当館にて代筆(印)も可能です。

6.給付券と引き換えに商品をお渡しいたします。(商品の使い方などの簡単な説明にも対応しています)

用具の紹介(取扱商品の一例)

日常生活用具とは、障害者が日常生活をしていく上で、その障害を軽減し、自立した生活を支援・実現するための用具のことです。

当館ではこれらの視覚障害に対応する商品の取り寄せによる販売を行っております。

補装具とは、身体機能を補完し、または、代替し、かつ長期間にわたり継続して使用されるものです。当館では、盲人安全杖(白杖)のみ、取扱いさせていただいております。

拡大読書器の画像

■拡大読書器

文字を拡大したり、コントラストの調整(色の反転など)により、文字を見やすくするための読書器です。種類は持ち運びに便利な「携帯型」と自宅で使用する「据置型(写真の商品)」に分類されています。また、書類や通帳などをスキャンして文字を読取り、音声で読み上げてくれるものもあります。

ペン型ボイスレコーダーの画像

■ペン型ボイスレコーダー

本体をシールにタッチしながらボタンを押して声を吹き込むことで、シールに音を録音します。録音したシールに本体をタッチすると、録音を再生できます。薬の箱やたくさんあるCDなど、身の回りのものを識別するのに役立ちます。

音声式時計の画像

■音声式時計

ボタンを押すだけで、音声で現在時刻を知らせてくれる時計です。アラームやストップウォッチ機能もついています。

デイジー図書再生機器の画像

■デイジー図書再生機器

デイジー図書を聞くための再生機器です。写真の商品以外にも、録音機能がついた商品や、外出時に携帯できるコンパクトなものもあります。
また、無線LAN機能付きで、サピエ図書館に直接アクセスし、デイジー図書の音声データをダウンロードして再生できるものもあります。

デイジーとは: 
デイジー(DAISY)とは、Digital Accessible Information Systemの略で、目が見えない・見えにくい人などのために製作されるデジタル図書の国際標準規格です。
音声図書のほかにテキスト(文字情報)のデイジーもあり、それぞれ「音声デイジー図書」「テキストデイジー図書」と呼ばれています。
白杖の画像

■白杖

歩く先の安全を確かめる杖です。路上の障害物を認識しやすくなるとともに、周囲の人が存在に気づいて道をあけ、人通りの多い場所でも歩きやすくなります。写真の白杖のように、携帯性に優れた折りたたみ式の白杖もあります。

利用者の声

■拡大読書器

市役所から届く通知書類や、家族などにも知られたくない書類なども、文字を拡大させて自分だけで読めるようになったので、生活上のストレスが軽減した。(60代 男性)

■ペン型ボイスレコーダー

自分の声で、簡単に音声録音ができるようになったので、ちょっとしたメモや、冷蔵庫の食品管理などが楽になった。(70代 女性)

■デイジー図書再生機器

デイジー図書再生機器を使うようになって、ボタン一つで聞きたいページへ簡単にジャンプできたり、しおり機能を使って同じ部分を繰り返し聞けるので、読書の楽しみがさらに増えた。また、オーディオCDにも対応しているので、好きな音楽も聞けてとてもうれしい。(50代 男性)

ページトップへ