本文に移動

現在位置:

視覚障害者情報提供施設とは

視覚障害者情報提供施設とは、目が見えない・見えにくい方々へ、点字図書や音声図書(テープ、CD等)の無料貸し出しや製作等を行っている施設です。

点字図書とは、一般書籍を「点字」に訳して、作成した本のことです。

音声図書とは、一般書籍を読み上げた音源をカセットテープやCDに録音したものです。

これらは、目が見えない・見えにくい方々が読書を楽しむ手段として、長い間親しまれています。

視覚障害者情報提供施設は、身体障害者福祉法第34条で位置づけられ、都道府県、市町村、社会福祉法人等によって設置・運営されています。

北海点字図書館は、当法人が図書事業部門として、設置・運営しています。

ページトップへ