本文に移動

現在位置:

ほくてんの歩み

昭和24年8月 昭和23年のヘレンケラー女史の来道を記念し、帯広市・後藤寅市宅において全国で3番目の点字図書館として発足(蔵書700冊)
昭和27年8月 帯広市東2条南11丁目に木造2階建ての本館を新築し移転
昭和30年7月 点訳奉仕者養成第一回講習会を開催
昭和34年8月 社会福祉法人の認可を取得(社会福祉法人 北海点字図書館)
昭和35年11月 ブロック造平屋建ての書庫を新築
昭和39年 創立15周年記念事業の一環として、盲人ホームとテープライブラリーを設立
昭和41年1月 テープ月刊誌「北海ジャーナル」「詩吟教室」を刊行
昭和41年4月 国庫からの運営費補助金給付が決定
昭和42年9月 テープ月刊誌「筝曲教室」を刊行
昭和43年 開道百年記念事業として「内外盲人文化史年表要覧」を刊行
昭和43年12月 書庫を増築(2階建て)
昭和44年8月 創立20周年記念式典が開催
昭和46年9月 初代館長・後藤寅市急逝。後藤市郎が2代目館長に就任
昭和53年7月 市の委託によるガイドヘルプサービスの実施
昭和54年3月 書庫を増改築(補強コンクリートブロック造3階建て)
昭和58年1月 本館を増改築(鉄筋コンクリート造2階建て)
平成5年3月 Yes 愛 Canの実施、ぴゅあマインドプログラムの実施
平成6年7月 とかち体感ツアーの実施
平成9年 「名刺に点字を入れる」という小さな福祉運動の実施
平成10年10月 カラー点字プレートが、平成10年グッドデザイン中小企業長官特別賞を受賞
平成11年5月 創立50周年記念事業として、盲目の俳句・短歌集「まなざし」を出版
平成12年4月 「社会福祉法人 ほくてん」に名称変更
平成20年12月 2代目館長・後藤市郎急逝。後藤健市が3代目館長に就任
平成21年6月 桑原昌夫が4代目館長に就任
平成25年4月 後藤奈保美が5代目館長に就任
平成28年5月 旧書庫(2階建て)を解体

ページトップへ